在宅ワーク

【収入を増やしたい人必見!】在宅ワークを始めるならこの順番がおすすめ

子供たちが帰って来る時間には家に居てあげたい。子供がまだ小さいから働きに出れない。パートに出ているけど後数万の収入アップをしたい。そんな人に在宅ワークはとてもおすすめです。私は2017年にクラウドソーシングで仕事を探して家でライティングの仕事をするようになりました。その結果、1ヶ月目1万、2ヶ月目3万円、3ヶ月目8万円とパートに出ながらも空いた時間にお金を稼ぐことができるようになりました。

今回は、今から在宅ワークを始めたいと考えている人に、この順番で進めて行くと無駄がないと私の考える手順をお伝えします。

最初はクラウドソーシングでライティングの仕事がおすすめ

一口に在宅ワークと言っても種類はいっぱいあります。専門的なことをするプログラミングや、時間給をもらいながら働くオペレーターなど多種多様です。

その中で、これから在宅ワークをしたい人におすすめな職業はライターです。

①ライター【記事作成】

クライドワークスやランサーズにはたくさんのライティングの求人があります。私はこれから在宅ワークを始めたいと考えている人にはまず最初にライティングの仕事をおすすめします。

✔パソコンと通信環境があれば仕事ができる

✔特別に何かを購入しなくても始められる

✔ライターの求人は多く、コンスタントに仕事をすることができる

✔ライターとして記事を書きながら、SEOやWeb制作に必要な知識を身に付けれる

✔1日1記事づつ作れば数万円の収入になる

✔自分のサイトを作ってもすぐに収益はないけど、クラウドソーシングならすぐお金になる

✔フィードバックをもらうことができ、記事作成の技術を上げれる

ライターの仕事は1記事あたり〇〇円、1文字当たり〇.〇円と単価が決まっていることが多いです。この1記事あたりの値段や1文字当たりの単価が安すぎると時間がかかるばかりでほとんど収入につながりません。

私の見た中で安いと感じた案件だと、2000文字10記事作成500円、1文字当たり0.1円と言った安い案件もありました。私だと安くても1文字0.5円以下の案件は避けるようにします。

あと、無料素材から選ぶ必要があったり、直接サイトにアップする必要のある案件もありますが、けっこう手間がかかるので最初は記事作成のみでWordで納品できる案件から応募するといいですよ。

ランサーズやクラウドワークスで実績が無いうちはなかなかいい条件の案件で選んでもらえないことがあります。

なので、実績を作るために数件の安い案件を受注するのは有りだと思います。この時10件まとめて受注とか数が多いとこなせない心配もあるので、最初は1記事や2記事だけと言った風に小分けにしてもらって受注するのもいいでしょう。

②自分のサイトを作り

記事を書くことに慣れて来たら、次のステップとして自分のサイトを作ることがおすすめです。

ただ、自分のサイトを作ってもすぐには収益化できないので、クラウドソーシングでライティングの仕事をもらいながら自分のサイトも育てて行くことをおすすめします。

毎日1記事クラウドソーシングの記事を製作して、1記事は自分のサイト用に記事など振り分けて、自分のサイトを育てることにも取り組み始めます。

自分のサイトを作るには有料サーバーの契約をして、ドメインを取得し、wordpressを使います。

今はまだ、このやり方が分からなくてもかまいません。月数百円だけで自分のサイトを持つことができます。

自分のサイトを作ったら広告を載せよう

自分のサイトにはGoogleのアドセンス広告を載せます。そうすると、サイトに広告を載せることができて、収入につながります。

これも今は、こんな方法があるんだな、くらいに頭に入れておいてもらえれば大丈夫です。

③自分のサイトが育ったらアフィリエイトに挑戦

サイトに毎日記事を投稿していてもなかなか訪問者が増えることはありません。

ですが、続けることが大切で、続けて行けば訪問者が増えてきます。

訪問者が増えたら、アフィリエイトにも挑戦しましょう。

先ほどのGoogleアドセンス広告はクリックされるとお金が入って来るのですが、広告先で購入されても私たちがもらえる金額は変わりません。

1クリックされると5円の収益があると言われています。

これだけでまとまった収入にするにはとてもたくさんの訪問者を得る必要があります。

それは大変なので、ある程度の訪問者が来るようになったらアフィリエイトを始めることをおすすめします。

アフィリエイトは、自分のサイト経由で商品が購入されたり、入会されるとそれに応じて私たちにお金が入ってきます。

商品によって単価は違いますが、クレジットカードなど高いバックのある商品なら1件で数万円の収益になることもあります。

まとめ

これから在宅ワークを始めるのなら、まずはライターとして実績を積み、記事を書くことになれることから始めることをおすすめします。

記事が書けるようになったら、自分のサイトを作って、そのサイトを育てていきましょう。

サイトを育てたら、広告を貼ったりアフィリエイトの商品を紹介するなどして収益につなげることができます。

ライティングは、初心者の私でも3ヶ月目には8万円の収入を得ることができました。

この、文章のへたっぴな私でもです。

なので、皆さん安心して始めてくださいね♪