ライティング

ライターに必要な文章を書く技術を無料で身に着ける方法

文章を書く仕事をしてみたいと思っても、私のライティング力で大丈夫かな?と思うことってありますよね。

私の場合、何も気にせずライティングしていたので、クライアントさんがポイントを教えてくれて勉強することができました。

私は文章の上達をしないと、と思って色々な本を買って読み漁りました。

でも、ネットで必要とされるライティングは綺麗な文章とは少し違い、分かりやすさが求められます。

今回はお金をかけず、ライティング力を磨く方法についてです。

ライティングに必要な力は?

現在ウェブで必要とされている記事には形式があります。

普通に綺麗な文章を書くだけじゃなく、ウェブで必要とされている文章を書く必要があります。

こうやって書くと難しく感じるかもしれません。

ただ、それほど難しいことは無く、だれでもちょっとポイントを抑えたら書けるようになります。

大丈夫、論理的な文章を書くことがとっても苦手な私でも大丈夫ですから、だれでも書けるようになりますよ♪

文章は分かりやすく、短く

「何を言いたいのか」を明確にして文章を短くまとめる力が必要です。

今は、パソコンからサイトを見ることより、スマホやタブレットからサイトを見ることが多いです。

スマホの画面は小さいので、表示される文字数が少なくなります。

なので長い文章を書くと、画面いっぱいに文字が並ぶことになってとても読みにくいです。

そうならないために、文章は長くならないように気を付け、何を言いたいのかをはっきりさせて書く必要があります。

H1/H2/H3と見出しを正確に当てはめれるようにする

大見出し、中見出し、小見出しのことをH1/H2/H3と言います。数字が小さい方が大きな見出しになり、一番小さな見出しはH6です。

大見出しの中に、中見出しを入れ、必要なら小見出しを入れると言う風にします。

見出しの言葉の答えが本文になるように気を付けて書いていくと綺麗な文章を書くことができます。

最初に構成を考えてから書き始める

最初に構成を考えることはとても大切です。

私も先に見出しをすべて作ってしまい、それから本文を書きだします。

こうすることで、何について書こうとしている文章なのかと言うことがぶれずに済みます。

上位サイトの文章を読んで形を覚える

上位サイト10サイトくらいの記事を読み比べてみて、どのような文章のフォーマットが使われているかを学びます。

次の章では、ライティングのフォーマットを教えてくれるサイトや動画を載せておくので、それらを学んでから上位サイトの記事を読んでみると、文章の構成が良くわかるようになります。

無料でライティングが学べる方法

ライティングにはフォーマットがあります。そのフォーマットに伝えたいことを当てはめて文章を作っていく感じです。

なので、最初にフォーマットをしっかりと覚えて、次にそのフォーマットに文章を当てはめて記事を作成していく、記事をいくつも作ったら見直しを行う。

この順番で書いていくと文章が上達します。

文章が書けるようになりたい人にとても役立つサイトや動画が色々とあるので紹介しますね。

ライティングの構成

ライティング文章

 

まとめ

いろいろと考えてしまうと書けなくなってしまうことがあります。

そんな時は、何も考えずに書くこと!

書く技術は、書くことで鍛えることができます!

逆に書かないと、書けるようにはなりません。

まずは書くことから始まります!

 

毎回、記事を書くときに1つのことを意識すれば、10記事書くときには10つのスキルを身に着けることができます。

Step by stepでスキルアップしましょう♪